01.レースの選び方〜適性との関連性、競馬場詳細〜

短距離が得意な馬を長距離のレースに登録しても、能力を発揮する事はできません。
事前に適性をしっかりとチェックして、適性に合ったレースを選びましょう。


 距離適性の影響 

競走馬にはそれぞれ距離適性があり、その適性範囲により
実力を発揮できるレースの距離が異なります。

適性距離の範囲内のレースに出走した場合、
競走馬は100%の能力を発揮して走る事ができます。
逆に、適性距離以外で出走した場合、
100%の能力を発揮する可能性が低くなってしまいます。

距離適性の範囲が広い競走馬は、
適性外距離のレースに出走しても、柔軟に対応できる可能性が高くなります。

また、距離適性範囲の中心に近い距離で出走した場合、
必ず発生するわけではありませんが、100%以上の能力を発揮して走る事があります。
この状態が発生する確率は、距離適性範囲が狭くなるほど高くなります。

※距離適性の詳細情報は、全相馬眼カード、もしくは距離適性相馬眼カードを
使用する事で「1000-1800」のように正確に確認できるようになります。

 その他適性の影響 

競走馬の適性は距離適性以外にも以下の様な適性があります。

・右回り、左回り

競馬場毎に周回方向が異なり、適性に苦手がある場合マイナス補正が発生します。

・小回り

適性に苦手がある場合、競馬場毎の影響度によりマイナス補正が発生します。

・坂

適性に苦手がある場合、競馬場毎の影響度によりマイナス補正が発生します。

 各競馬場の特徴 

競馬場 周回
方向

影響度
小回り
影響度
競馬場 周回
方向

影響度
小回り
影響度
札幌 右回り 無し 皐月 右回り 無し 無し
函館 右回り 無し 優駿 左回り 無し 無し
福島 右回り 菊花 右回り 無し
新潟 左回り 無し 海外1 右回り 無し 無し
東京 左回り 無し 海外2 左回り 無し 無し
中山 右回り 桜花 右回り 無し 無し
中京 左回り 優牝 左回り 無し 無し
京都 右回り 無し 秋華 右回り 無し
阪神 右回り  
小倉 右回り 無し

ページトップに戻る

02.レースタイムへの影響〜能力、経験値、各種補正〜

レースタイムへ影響があるものとして、上記の適性の他に様々な補正があります。


 馬経験値 

競走馬には経験値のパラメータが存在しており、レースのクラス毎で
競走馬の能力・経験値・騎手能力の影響度が異なります。

経験値の取得方法

1.調教
競走馬は調教を行うことで経験値が取得できます。
2.レース出走
着順が上位になるほど取得経験値が増加します。
また、未勝利と500万下のレースでは出走するだけで経験値が取得できます。
3.ペット
功労馬を使用することで、放牧中の馬の経験値が上昇します。

※ゲームを始める際にプレゼントされた競走馬は、経験値が高く設定されています。

能力・経験値・騎手能力の影響度

 牝馬補正 

2000メートル以上の牡馬・牝馬混合レースにて、
牝馬に対して若干のマイナス補正が発生する可能性があります。

 年齢補正 

競走馬の年齢によって補正がかかり、若い年齢ほど7大能力に対して
最大で2〜3割のマイナス補正が発生します。

 2歳時 シーズン6月4週以前 最大2〜3割のマイナス補正
 3歳時 シーズン6月2週以降 補正無し

※2歳時6月4週以降から、週を重ねる毎に補正が緩和されていき、
 最終的に3歳6月2週時点で補正が無くなるといった形になります。

 斤量補正 

54kgを基本値とし、少ないほどプラス補正が、多いほどマイナス補正が発生します。

また、斤量が56kg以上で以下の条件に該当する場合は、上記補正以外に
さらに若干のプラス補正が発生します。

・体力がC以上
・調子のグラフが頂点に近い状態

このプラス補正は、体力が高いほど効果が高くなります。

 上がり馬補正 

以下の条件全てに該当する場合、若干のプラス補正が発生します。

・前走との間隔が8週以内
・前走の結果が3着以上
・成長型が早熟、超早熟以外
・競走馬の成長状態が「成長中」
・調子のグラフが頂点に近い状態

前走の結果が良いほど、また、成長スピードが遅い程プラス補正効果が高くなります。

 テッポウ補正 

以下の条件全てに該当する場合、若干のプラス補正が発生する可能性があります。

・前走との間隔が12週以上
・競走馬の成長状態が「成長中」
・調子のグラフが頂点に近い状態
・気性がA以上

気性が高いほど、プラス補正が発生する可能性が高くなります。
また、プラス補正が発生しなかった場合は
2分の1の確率で若干のマイナス補正が発生します。

ページトップに戻る

03.海外レース出走の条件とリスク

本戦レースの中にある海外レースは、開催数自体は少ないものの、
他のレースに比べてレベルが高く設定されています。

プレイヤーが出走登録している競走馬はもちろんですが、それ以外に出走する
システム馬も強力になっており、このレースに勝つには至難の業です。


 海外レースに出走するために必要な手順 

海外レースに出走するためには「馬詳細画面」で「遠征」ボタンを押し、
海外遠征モードにする必要があります。

海外遠征モードにするためには、以下の条件を満たす必要があります。

条件1:渡航費としてゲーム内資金が2000万円が払える状態
条件2:海外レース以外のレースに出走登録をしていない
条件3:怪我をしていない
条件4:OPレース、もしくは重賞レースに勝利している

また海外遠征モードでは通常と異なり、以下の制約が発生します。

・放牧する事ができない
・怪我をした場合は強制的に海外遠征モードが解除される
・海外レース以外のレースに登録する事ができない

 海外遠征モード時に発生する競走馬の変化 

海外遠征モードになると競走馬には以下の変化が現れます。

・海外遠征モードにしたタイミングで、疲労、見えない疲労が一定量増加する
・調子が一番下の状態にリセットされる可能性がある

調子の変化に関しては、競走馬の体力によって左右されます。
体力が高いほど変化しにくくなります。

ページトップに戻る

04.騎手について


各プレイヤー毎に、馬主レベルに応じて騎手を所属させる事ができます。

騎手の能力はレースに出走する毎に経験が蓄積され、成長していきます。
成長する能力はそれぞれ出走したレースに対応する能力が成長します。
例:芝のレースに出走すれば芝の能力が上がる

レース出走後、能力に変化があった場合は、ゲーム内メールにて
何の能力に変化があったか連絡が届き、わかるようになっています。

 騎手能力詳細 

騎手の能力は「戦法」「距離」「馬場」の3つのカテゴリに分けられています。

それぞれのカテゴリ毎に能力値合計の上限値が設定されており、
同時にカテゴリ毎で能力の最大値(SS)にする事のできる数が制限されているので、
「全ての能力をSSにする」といったことは出来ません。

1.「戦法」カテゴリ能力 2.「距離」カテゴリ能力 3.「馬場」カテゴリ能力
・逃げ ・先行
・差し ・追込
・短 ・短中
・中 ・中長 ・長
・芝 ・ダート ・重
SSまで上げられる能力は
最大2つ
※SSまで上げられる能力は
最大1つ

また、出走したレースに対応していない能力は、能力値の低下が発生する場合があります。そのため、戦法を逃げにしてレースに出走した場合他の能力が
SからAに下がってしまうといった状況も発生します。

※表記上の能力に変化が無い場合でも能力の低下は発生している可能性があります。

※低下が発生する能力は、それぞれ「戦法」の使用頻度や
「距離」「馬場」の出走頻度によって決まります。

ページトップに戻る

蹄鉄、矯正具のもたらす効果


競走馬には蹄鉄や矯正具といった馬具を装着することができ、
それぞれ装着をすることで適性の補強や苦手の克服などの効果を得る事ができます。

 蹄鉄の効果 

左回り、右回り、小回り、坂の4つの蹄鉄については、苦手克服効果の他に
若干の適性補強効果があります。

また、上記効果以外にレースタイム補正などの効果は発生しません。


 矯正具の効果 

強化矯正具は、通常の矯正具効果に加えてプラス効果がありますが、
ゲート、気性、根性、脚元に対する影響度は通常の矯正具より低くなります。

上記矯正具の効果は、競走馬の現能力が低いほど効果が高くなり、
逆に現能力が高いほど効果が低くなってマイナス効果となる場合もあります。

また、強化矯正具以外の矯正具については、上記効果以外に
各矯正具毎にレースタイムへ若干のマイナス補正が発生します。

ページトップに戻る

07.天候と馬場状態について

ゲーム内カレンダーによって、「晴れ」「曇り」「雨」となる確率が変わってきます。

 天候の変動カレンダー 

なお、レース当日の天候が晴れの場合は良馬場に、雨の場合は不良馬場になる確率が高くなります。ただし、100%良馬場、不良馬場になるわけではありません。
また、レース当日の1R〜12Rまでの間に馬場の状態が変化する場合があります。

ページトップに戻る