イベント情報

種牡馬シンジケート

種牡馬シンジケートとは?

種牡馬を全体公開した際に、種牡馬の体力に応じて、種牡馬株が発行されます。
今後、種牡馬株(余勢枠)の利用により種付が行えるようになります。
種牡馬株を所持することにより、余勢枠などの種付代金の利益配当を受けたり、
活性馬に当選しやすくなります。

■種牡馬シンジケートの流れ

※1 余勢枠の応募は種牡馬株の公開がない場合、全体公開した翌日(例の場合11月2週)から
応募が行われます。
※2 種牡馬株および余勢枠の当選日から、種付が行えるようになります。
種牡馬株応募中は公開馬主様には種牡馬株の表示はされません。 
公開馬主様が種付けが行えるようになるには、種牡馬株の応募が終了してからになります。

ワンポイントアドバイス!

種牡馬株を公開する際には、
翌シーズンに種付が間に合うように公開するのがオススメですよ!
遅くとも11月1週までには公開しましょう!


■種牡馬株と余勢枠

全体公開の種牡馬を利用して種付を行うには、種牡馬株、余勢枠、共通種牡馬株(※後述)を所持することで行えます。 また以下のような特徴があります。

種牡馬株 余勢枠
利用区分 プレミア会員 全会員(※)
種付可能S 毎S可 1Sのみ
種付料 なし あり
活性抽選 当選しやすい
マーケット 利用可能 利用不可

※余勢枠は募集数に対して応募数が上回った場合、プレミア会員が優先して抽選が行われます。


募集数より応募数が上回った場合、抽選が行われます。
余勢枠の応募価格は種付料の半額必要になります。
通常会員が種牡馬を全体公開した場合は、種牡馬株を所持できます。
種牡馬株、余勢枠ともに1株(枠)で1回種付が行えます。
種牡馬株は毎シーズン1月1週に種付権利が復活します。


種牡馬株公開(全体公開)

①「牧場」−「馬一覧」−「種牡馬」タブ選択後、公開ボタンから種牡馬公開が行えます。
②「全体に公開する」を選択し、次へボタン押下。

③種牡馬株公開画面で「所持株数設定」、「全体公開価格設定」を設定し、次へボタン押下。


■所持株数設定

公開馬主は最低10口所持しなければなりません。
発行枚数最大まで所持できます。
※発行枚数最大まで所持した場合、種牡馬株の募集は行われません。
発行枚数は種牡馬の体力に応じて決定されます。

体力 種牡馬株 余勢枠
SS 50 40
S 45 35
A 40 30
B 35 25
C 30 20
D 25 15
E 20 10

■全体公開価格設定

種牡馬公開価格を設定します。 価格は以下のとおりに算出されます。
全体公開価格 = ベース価格×種付可能シーズン×倍率
ベース価格:種牡馬の競走馬成績によって算出されます。
種付可能シーズン:種付可能残シーズン
倍率:0.5〜2.0まで設定可能

④種牡馬株公開ボタン押下で公開が決定されます。

種牡馬公開すると公開設定が全体申請中となります。
翌日に全体公開されます。
全体公開前であれば「公開取消」ボタン押下で種牡馬公開の取消しが行えます。

種牡馬の全体公開が確定すると、所有者がシンジケート管理となり、スタッドからいなくなります。
※公開取消(※後述)されると戻ってきます
全体公開が確定すると手動での公開取消は行えなくなります。
種牡馬を全体公開するには、競走馬時代のGT勝利が条件になります。


種牡馬株(余勢枠)応募

■種牡馬シンジケート管理画面への遷移方法

・種牡馬株ボタン押下
・「牧場」−「種牡馬シンジケート」ボタン押下

・種牡馬株の応募が開始された場合、上記バナーからも遷移が行えます

①「シミュレーション」ボタン押下で擬似種付画面に遷移します。
 ※繁殖牝馬を選択することによって、柏木コメントから種牡馬との相性の確認が行えます。
②「入札」ボタン押下で入札に遷移します。

③口数を入力し、「入札」ボタンを押下で入札が行えます。

種牡馬株 余勢枠
応募可能数 5口まで 1口
募集期間 5日間 12月5週まで

※余勢枠所持上限は繁殖牝馬管理頭数と同数になります。
 応募に関しても上限を超えての応募は行えません。
④入札後、応募期間中であれば、入札変更、取消しが行えます。


種牡馬株(余勢枠)による種付

① 種牡馬シンジケート画面の「【所持】種牡馬株」、「【所持】余勢枠」から種牡馬を選択して、
 種付けボタン押下 
 ※種牡馬リストの全体公開タブからも種付が行えます。
② 種付画面にて繁殖牝馬を選択し、種付ボタン押下

③種牡馬株、余勢枠、共通株いずれかのボタン押下で種付が行えます。
 ※所持していない場合は選択できません

共通種牡馬株

No.7269 共通種牡馬株

種牡馬株、余勢枠を所持していない場合でも、
共通種牡馬株を所持していると種付が行えます。
ショップにて販売(25KP)しています。
ノミネーションチケットと交換が行えます。

ノミネーションチケット1枚 ⇒ 共通種牡馬株2枚


種牡馬株売買(マーケット)

種牡馬株はマーケットによる売買が行えます。
※余勢枠は行えません

① 種牡馬株を選択し、選択ボタン押下

② 出品ボタン押下

③出品情報画面で単価、出品単価を入力し出品ボタン押下で出品が行えます。
④出品確認画面にて「はい」押下で出品が確定します。
 通常会員の場合、マーケットに種牡馬株の出品のみ行え、購入は行えません。
 ※マーケットの利用条件を満たしていない場合、ご利用できません

 種牡馬株のトレードはプレミア会員のみ行えます。
 マーケットにおいて種牡馬株は、所属ワールド内でのみ取引が行えます。


公開取消

種牡馬を全体公開すると、一定期間の産駒成績が達成条件を満たさないと公開取消されます。

■公開存続条件

一定期間の産駒成績になります。
・重賞勝利
・獲得賞金が1億円(※)
 公開存続条件の対象となる産駒は種牡馬株、余勢枠、共通種牡馬株によって誕生した産駒
 となります。公開前の産駒につきましては対象外となります。

 期間は種牡馬の成長タイプにより、決定されます。

成長タイプ 対象期間
超早熟 3S
早熟 3S
やや早熟 4S ※4S経過後は3Sとなる
普通 4S ※4S経過後は3Sとなる
やや晩成 5S ※5S経過後は3Sとなる
晩成 5S ※5S経過後は3Sとなる

※獲得賞金1億は期間中のいずれか1シーズンで達成すると、公開存続条件を満たします。

種牡馬の成長タイプの「やや早熟」〜「晩成」は初回の対象期間以降は過去3シーズン産駒成績を参照します。

種牡馬の全体公開を3月1週までに公開申請された場合、
対象期間開始は公開シーズンからみなされます。
※上記例ですと初回の公開取消の産駒成績参照期間は60S〜64S12月5週となります。

公開取消された種牡馬は厩舎に戻ります。
戻った際に、スタッドに空きがない場合でも、戻ってきたシーズンに限り所持できます。
※翌シーズンになると種牡馬選択画面が表示されます

■公開取消時のデメリット

公開取消しを受けた種牡馬株は所持株一覧より削除されます。
公開取消しを受けると、再び同一種牡馬での全体公開が行えなくなります。

■種付料改定

公開取消判定が行われるタイミングで種付料の改定が行われます。
種付料の改定は産駒成績により判断されます。
改定後の種付料が0円以下になった場合、公開取消しされます。
改定後の種付料が上昇した場合、一定額に応じて種牡馬の遺伝力が上昇します。
同様に種付料が下降した場合、一定額に応じて種牡馬の遺伝力が下降します。
種牡馬の遺伝力が上限に達した場合、活性度合い上昇の抽選が行われます。
※抽選が行われ当選した場合のみ活性度合いが上昇します。


■種付料改定詳細

@初期(3S間)の種付料は以下のルールに従って自動決定
初期(3S間)の種付料 =
300万 + G1勝利数 × 200万 + クラシック勝利数 × 500万 + 重賞勝利数 × 100万

A4S目の種付料は以下のルールに従って自動更新
4S目種付料 =
初期の種付料 + 3S間のG1勝利頭数 × 200万 + 3S間のクラシック勝利数 × 300万 + 3S間の重賞勝利数 × 100万

B5S目以降の種付料は以下のルールに従って自動更新
・産駒が重賞勝利した場合
5S目以降種付料 =
前Sの種付料 + 前SのG1勝利頭数 × 200万 + 前Sのクラシック勝利数 × 300万 + 前Sの重賞勝利数 × 100万

・産駒が重賞勝利しなかった場合
5S目以降種付料 =
前Sの種付料 + (前Sのオープン勝利回数 × 20万 - 300万)
※種付料が0になった場合は「自動的に公開取り消し」になる

※重賞勝利数はGTを省いた勝利数となります
初期の期間は成長タイプにより異なります。

成長タイプ @ A B
超早熟・早熟 3S 4S 5S
やや早熟・普通 4S 5S 6S
やや晩成・晩成 5S 6S 7S

種付け料改定による取消の可能性がある場合、公開存続条件に以下の文言が表示されます。
「種付料減額による公開取消の可能性あり」

馬主会公開

種牡馬公開時に公開種別選択画面で「馬主会メンバーのみに公開する」を選択すると
馬主会公開馬になります。
公開が確定すると公開したシーズンは取り下げが行えません。
馬主会公開馬主が馬主会から退会した場合、公開中の馬主会種牡馬も自動取下げとなります。
取下げられた種牡馬は、翌シーズンまで馬主会公開は行えません。
※ただし、同じ馬主会に限り同一シーズンでも公開が行えます
馬主会種牡馬は種付料が設定できません。
※種付価格0円

種付は「牧場」−「種牡馬リスト」−「馬主会種牡馬」から種牡馬を選択して行えます。

種牡馬選択後は種付ボタンを押下して、種付を行ってください。

馬主会種牡馬に種付を行うには、以下のいずれかの条件を満たすと行えます。
・プレミア会員の場合、1シーズン10回まで無料で種付可能
・馬主会種牡馬券の利用で種付可能

馬主会種付券

No.7270 馬主会種付券

所属している馬主会種牡馬に種付が行える利用券
ショップにて販売(25KP)しています。
シンジケート券と交換が行えます。

シンジケート券1枚 ⇒ 馬主会種付券2枚


■馬主会特典

馬主会特典の馬主会種付を得ることで、毎シーズン1月1週に馬主会メンバーに
馬主会種付券が1枚配布されます。

馬主会種付

消費ポイント:3
消費枠:1

  • ページトップに戻る
  • ページトップに戻る

馬主会公開は1厩舎2頭まで公開が行えます。